ブックスがセールに関係なしの安さ | オレンジページ

少々邪魔だったのでカバーを外して使っていますが!本体の表紙・背表紙もカラーでした。何より良いのは、分量が2人前で記載されていること。いつもクックパッドなどでの料理だったので、一度ちゃんとした基本のレシピを…と思い、この本にたどり着きました。

コスパ最強と噂の!

2017年06月17日 ランキング上位商品↑

オレンジページ ブックスThe基本200 これだったんだ!おかずのコツ。 (オレンジページブックス) [ 小田真規子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

これまで自分流で料理していて?と思うようなことがありましたが解決してくれました。2人分のレシピばかりですが、作ったものは大体一人で平らげちゃいますね。まさに基本的!あと、出汁で煮込むだけの簡単サイドメニューレシピとかも載ってます。具材は何を使うか、味付けには何が必要か、今まで実家暮らしで出されたものばかり食べていたので、こういうことか!と新しい発見を楽しみながら作っています。ただ大判の本なので!広げる時ちょっと場所をとるのが残念。出汁は粉末出汁じゃなくカツオや昆布からとるようです。これは自分は作らないなぁというレシピでも!そこに書かれていることはとても参考になりました。でも、本は写真もとてもきれいだし、この本を見ているだけでもお腹がぐ〜☆お料理を作りたい気分になります♪タイトルの通り、とても丁寧に作り方が説明されています。また、工程の中の大事な箇所には色がつけられていて、注釈でその理由が説明されています。『料理雑誌No.1』は本当だと思います。ブリの照り焼きとかしょうが焼きとかハンバーグなど知ってるようでデキトーに作ってましたが本通りに作ると本当においしくできます!!コツがのっているのでそれをやるとほんとに違います。初めに取り組んだのは「肉じゃが」でしたが!本の指示どおりに作ったら!思いのほかおいしくでき上がり!我ながら感動しました。魚の煮つけや、もっとあっさりしたお料理のものも多いとうれしかったなぁ、と個人的には思ったのでマイナス1ポイントにさせていただきます。古い料理本とは、まずここが違います。基本の味付けをもとに、レパートリー展開されているお浸しやさっと煮などのページも助かります。これから一人暮らしを始める方、お料理初めての方へのプレゼントにも良いのではないでしょうか。どれも裏技的なことではなく、あくまでどの料理にも共通するような基本的な内容です。メニューは、和・洋・中とも、家庭で何度も食べたことがある(台所を預かっている人なら1度くらいは作ったことがある)いわゆる「基本的」なものばかりです。シチューもいつもは市販のルーを使ってしまうのですが、小麦粉から作ってみようかなとか、料理があまり好きではない私でも作る気になってしまう料理本です。 また、第1刷発行が2008年の様ですが、ガス向けの火加減でしょうか?我が家はIHですが、ハンバーグやフラドポテトは掲載時間の通りだと焦げてしまったので、注意も必要かと思います。こちらのレシピで作ったハンバーグがふわふわでほかのだれが作るものよりも美味しいと好評らしいです。オレンジページnet(2011年09月14日20時更新)でも!『ひとり暮らしを始める人にも!これから家族を持つ人にもぜひおすすめしたい1冊です。「基本レシピ」が1つ欲しいという方!また既に「基本レシピ」はあるけどイマイチ味が決まらないという方にお勧めです。ちなみに私は料理初心者です。【利用する人】自分用【感想】同シリーズの『和食の基本』を以前購入したのですが!レシピ数が足りないし!洋食やパスタも作りたいし!押さえておきたいレシピがたくさん載っていたのでこちらも追加で購入しました。地味にポイント高し。まるで写真集のよう・・・最近の料理本は本当にきれいですね。ロングセラー本なんですね。初心者向けに!細かいポイント!その工程の意味なども丁寧に解説してくださっているのでわかりやすいです。料理の基本、コツがよくわかります!クリームシチューのダマにならない方法には目からウロコでした!また、味噌汁も少量の出汁の取り方も書いてあり、これからだしの素を、買わなくてすみそうです!料理初心者の方、料理の基本を知らないなーという方、ぜひこの本をとって読んでみてください!一つ言うとすれば、本のサイズがもう少し小さいと使いやすいのになとは思いました。ありがとうございました。。肉じゃがとか本当に基本的なメニュー中心。。オーブンを使うのは1品(グラタン)だけなので、フライパンと鍋しかない一人暮らしの人も十分に活用できるはず。ちゃんと、なんでこういう工程を踏むのかみたいなことも書いてあって読み物としても為になる。レシピ通り作ると間違いない☆という感じです。フルカラーで写真も綺麗なので!ヤフオクで中古品を買うよりも新品を買って手元においておいた方が良いかと思います。また!基本+アレンジも掲載されています。きれいで!美味しそうで!早く作りたくなる。レシピ数はそれほど多くなく、見開きに1つずつ、といった感じです。普通のレシピは4人前が多いので、これが意外に便利。本のサイズからすると!レシピの文字は細かく!内容・手順が分かりやすいものになっています。ちなみに揚げ物は6品程度(唐揚げ・トンカツ・エビフライ・カキフライ・フライドポテト・かき揚げ)です。中身はサラッとしか見ていませんが!切り方や出汁について本当に基礎の基礎から書かれており!初心者には良いかもしれません。ほんとに基本的な一冊です。『2008年6月27日 第1刷発行』ですが、届いたものは『2011年8月22日 第17刷発行』でした。副菜も結構載っています、こちらは1ページに6品ずつくらいにまとめてられています。料理はときどきするけどセンスがないと言われ続けてきて、それじゃあ基本からちゃんと勉強しようと思い、とあるサイトで紹介されていたこちらを購入することにしました。一ヶ月前からひとり暮らしを始め、今まで料理らしいものを作ったことがなかったので、外食やコンビニ弁当ばかりじゃなく、簡単にできる基本的な料理を覚えるために買いました。ちょっとお肉の料理が多かったかなぁ。ある程度料理をする私が読んでも、あらためて気付かされる基本がたくさんありました。片頁に写真、片頁にレシピという構成です。メニューもごくオーソドックスな!万人受けするものが多いです。レシピサイトでは初めから個人的なアレンジが多いですが!(例えば!肉じゃがレシピでオイスターソースを使用したり)こちらは肉じゃがの基本+豆板醤でピリ辛肉じゃがという様に基本をおさえた上で作れます。すごく分かりやすいです!初めてハンバーグを作りましたが!ふわふわで美味しく出来ました(^^)家族も喜んでくれました*\(^o^)/*料理をした事ない方に!かなりお勧めです!!美味しい!!これまではレシピサイトのレシピを参考にしていましたが!ハンバーグや肉じゃがなど断然美味しいです。自己流のかわった料理は夫も私も好きではないので、このような基本料理の本が一番いいですね。一冊持ってれば安心と思います。届くと、思っていたよりも大きいサイズの本だったのですが、大きいので見やすい!!本当に初心者や基本からもう一度やろうと思っている方にはおススメです!!まだ時間がなく料理できてないのですが、作るのが楽しみです!主人が、何かアレンジした料理より定番のものの方が好きなので購入しました☆本当に基本のき、という感じです。初心者さんにオススメです。本のタイトルの通り、突飛な料理はなく、使う具材や材料も使い回しの利くものばかり。』と掲載されていました。 ただ、欠点を言えば、醤油+みりんの組み合わせやマヨネーズ+塩・胡椒が多用されている気がします。男性でもこれがあれば、自炊できるのではないでしょうか。海外に住む友人の娘が料理に興味を持ち始めてきたので!レビューで好評だったこちらを購入。作る手順だけでなく!美味しく・うまく作るコツが料理ごとにわかりやすく書かれています。料理を始める人にはぴったりだと思います。内容は、主菜については、見開き2頁で料理1品(さらにアレンジを加えたものが+アルファとして小さく)。味噌汁やお吸い物も載っていますが!具合わせはさすがに基本ではなく!やや挑戦的でした。基本ですし!和食だと仕方ないのかな。最終的な個人的意見ですが、こちらの本は味も美味しいですし、子供にお手伝いさせることやよそでお料理する機会を考えると購入して損はないと思います。これだけで食卓が作れる。味付けに関しても切り干し大根の煮ものなどは、優しい味に仕上がりました。中3の娘が自ら欲しがった唯一の料理本です。写真もカラーでたくさんあるのでわかりやすいです。何事も基本が大切ですね。ちょっとしたコツや!普通のレシピでは省略される基本もきちんと書いてあるので!全くの初心者でも安心して作れるレシピだと思います。